資料請求・見学会

INFORMATION

お知らせ&ブログ

施工工程の流れ~基礎編~

オフィシャルブログ

HAKUAIのこだわり

皆様、こんにちは!
注文住宅のHAKUAIです。

日本は地震が多い国です。島国なので仕方がないことですが、日本で家を建てるにあたって地震対策はとても重要です。

今回は、地震の被害から暮らしを守る家づくりのポイントをお伝えいたします。

HAKUAIの家づくりの特徴の一つとして挙げられるのが、基礎工事のこだわりです。従来よりもさらに強度を増した「ベタ基礎」を標準仕様としています。地震の揺れにはもちろん、経年による劣化にも負けない強い家をつくることができます。

そもそも「基礎」とは?

家を支えるために、家の床下に施す工事のことを言います。一般的な基礎工事は「布基礎」といわれ、壁下部分のみにコンクリートを打設します。

「ベタ基礎」は何が違うの?

「ベタ基礎」は、底部分に鉄筋が入り、基礎全体が一体化しています。「布基礎」が線だとしたら、「ベタ基礎」は面で家を支えるのでより安定感が増すのです。

HAKUAIならではの「ベタ基礎」

基礎配筋

通常の「ベタ基礎」は30cm間隔で鉄筋を配していますが、
HAKUAIでは20cm間隔で鉄筋を配しています。
つまり、間隔を狭めることで鉄筋の量が増え、より強度な基礎ができるのです。

私たちHAKUAIの家づくりのコンセプトは、「安心して永く住み継がれる家」をつくることです。見えない部分こそ、しっかりこだわるのが私たちHAKUAIのこだわりです。

その他、家の耐震対策など気になる点がございましたらお気楽にご相談くださいね♪