一枚板

株式会社関家具工房木馬と提携しています。

樹齢300年の時を超えて

世界でたった一つの家族のような存在。
家具の枠を超えて、家と同じように家族と一緒に生涯輝き続ける。
勉強机につくり替えたり、
子や孫たちに分けていくことができる。

それが一枚板。

一生涯を見据えて、本物と暮らす。

生きた自然のままの木だからこそ感じる力強さ・魅力

触れて分かる生きた木の温かみ。
一枚板だから持てる独特のぬくもりは、永い年月を生きぬいた木だからこそ。

永い年月を経て培ったその生命力、力強さは、
人々を包み込んでくれるような癒しの効果もあります。

その力に引き寄せられるかのように、家族が自然と集まり、会話が弾む。

ちょっとおいしいコーヒーを淹れたくなったり、いつもの料理が美味しく感じたり、
大事にしまっておいたお気に入りの食器を使いたくなったり。
何気ないいつもの生活を豊かにしてくれる一枚板。

その価値を知れば知るほど、家族の一員に迎えたくなる。

木が生きてきた証

どの国から?どんな森で育った?どんな時間を過ごしてきた?

全てが生きてきた証。
一枚板の物語。

クルミの木に空いた穴はリスの巣だったりすることも。

そんなストーリーを経て、
自然倒木や森の成長のために間伐されたフェアウッドだけを
世界にふたつとない一枚板に仕上げます。

一枚板フォトギャラリー

写真提供:株式会社関家具工房 木馬

お客様の声 Hakuai’s Style Customer Voice