耐震

注文住宅 ログハウス リフォーム 内覧会へ行こう 施工状況 土地情報 スタッフブログ スーモ掲載中

永く住み継がれ愛される家造り

博愛はすべてのお客様に「安心して永く住み継がれる家」をお届けするために、
構造(工法)をはじめ使用される材料ひとつひとつを厳選しています。
従来から伝えられてきた木造住宅の良さを生かしながら新しい技術を取り入れ、
強さと耐久性を兼ね備えた工法を確立しています。

  • 耐震
  • 断熱・遮熱
  • 未晒蜜ロウワックス
  • 室内壁材
  • 木材
  • 床材

耐震

【地盤補強】建てた後の安心・安全を守るために地盤調査を全棟実施

どんな基礎や建物が頑丈につくられていても、それらを支える地盤が安定していなければ、不同沈下等が起こり、最悪の場合、基礎が割れたり家が傾いたりする恐れがあります。
その為、お客様の土地がどのような状態にあるのかを判断するために全棟地盤調査を実施しています。
調査の結果、必要な場合は地盤改良をその土地に適切な方法でご提案いたします。

【基礎】建物の荷重を面で受け安定性に優れたベタ基礎を採用

基礎は建物を支える上で大変重要な部位です。
通常は1階の壁の下だけに基礎を配置する「布基礎」と呼ばれる工法が一般ですが、博愛では建物下全ての部分を基礎(耐圧版)にする「ベタ基礎」を採用しています。「ベタ基礎」にすることで地盤と基礎の接地面積を広くし建物の荷重を分散して構造を安定させます。さらにベースを150mmと厚くすることで耐力版自身の強度を上げ不同沈下を抑制します。

ココが違う!ベタ基礎と布基礎
博愛のベタ基礎

底部に鉄筋が入り基礎全体が一体化することで、建物の外周部や柱の下だけでなく、建物の下を全面的に支えます。

一般的な基礎 布基礎

壁の下にのみ基礎を連続して配置し建物を支えます。床下に湿気がこもりやすいという難点があります。

【剛床工法】水平剛性を飛躍的に向上させ、大空間にも耐える強度の剛床工法

24mmの構造用合板を直接梁に留め、柱・梁と床面を一体化させる「剛床工法」を採用しています。「剛床工法」は水平性を高め、地震や台風時に受ける床面の"横揺れ" や "ねじれ"を抑える効果があります。

剛床なし

床の耐性が低いと、地震などの水平力に対してねじれが生じやすい。

剛床工法

剛床構造にすることにより、剛性を高めねじれに強くなる。

水平の強度が不足し地震などによる大きな力が加わると、建物も捻れて潰れる事になります。耐震住宅を建てる水平剛床(横からの力、ひねつに対して抵抗力)の確保が重要な事なのです。

Design  Craftsman
  • 耐震
  • 断熱・遮熱
  • 未晒蜜ロウワックス
  • 室内壁材
  • 木材
  • 床材

お客様の声 Hakuai’s Style Customer Voice