最新記事一覧

カテゴリー一覧

月別記事一覧

注文住宅 ログハウス リフォーム 内覧会へ行こう 施工状況 土地情報 スタッフブログ OFFICIAL BLOG スーモ掲載中

室内に光を取り込む間取りの工夫

 

 

こんにちは!福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は、室内に光を取り込む家づくりのアイデアをご紹介します。周囲に高い建物があるなど、立地的に日当たりを確保するのが難しいという場合、家の中が暗いだけでなく、湿気が増えるなど環境的にもよくないですよね。HAKUAIではこうした日当たりの問題をクリアにするため、様々な家づくりの工夫を行っています。

 

◆吹き抜けの高い位置に窓を設置

リビングを吹き抜けにして、窓の高い位置から自然光が差し込むよう設計しています。窓の位置が高いと、周囲からの視線も気になりません。

 

201904_4-1.JPG

 

201904_4-2.JPG

 

◆平屋なら勾配天井を利用する

リビングスペースの天井は、屋根なりの形を活かした勾配天井なので、広々した印象を与えます。勾配を活かした高い位置に窓を設け、太陽の光が部屋全体に明るく降り注ぎます。

 

201904_4-3.jpg

 

201904_4-4.jpg

 

◆リビング上部の窓を縦長に

 

吹き抜けの高い位置に窓を配し、さらにその窓を縦長にすることで、採光や通風も得られる設計にしています。

 

201904_4-5.JPG

 

いかがでしたか?

特に暗くなりがちな家の真ん中に、光が入るよう設計すると、家全体が明るくなります。

周辺の環境を考慮しながら、光を取り込むご提案をさせていただきますね。

お客様の声 Hakuai’s Style Customer Voice