最新記事一覧

カテゴリー一覧

月別記事一覧

注文住宅 ログハウス リフォーム 内覧会へ行こう 施工状況 土地情報 スタッフブログ OFFICIAL BLOG スーモ掲載中

【施工事例】空間を活かしたスタイリッシュな家(T様邸②)

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は前回(http://e-hakuai.com/officialblog/2019/04/t-2.html)に続いて、T様邸の家づくりをご紹介します。

 

201904_7-1.jpg

 

グレーを基調にしたスタイリッシュな雰囲気と、自由な空間づくりが特徴の中2階が魅力のT様邸。他にも様々な家づくりのこだわりがあるんですよ。ここでは「視覚的なこだわり」を取り上げてみます!

 

<T様邸の視覚的なこだわり>

 

キッチンの棚はHAKUAIがオリジナルでつくった造作棚。棚の高さを低くし、高い位置に窓を配することで、空間に広々とした印象を持たせています。

 

201904_7-2.jpg

 

上部は吹き抜け天井となっており、2階ホールの腰壁には木格子を採用。格子越しに室内の景色が見えるので、開放的な印象を与えます。

 

201904_7-3.jpg

 

ひなたぼっこが楽しめる南向きのウッドデッキは、リビングから出入りできる仕様です。リビングからウッドデッキまで視界が広がっているので、開放感があります。セカンドリビングとしても活用できるのが嬉しいですね。

 

201904_7-4.jpg

 

中2階下のたれ壁を、アーチ型に。全体的にグレーを基調にしたシックな印象のなかに、このように遊び心のあるデザインを取り入れることで、空間のアクセントになります。いかがでしたか?

 

201904_7-5.jpg

 

HAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

 

【施工事例】空間を活かしたスタイリッシュな家(T様邸①)

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は、私たちが手掛けた施工事例から、T様邸の住まいをご紹介します。

 

201904_6-1.jpg

 

201904_6-2.jpg

 

グレイを基調に、キューブ型を組み合わせたようなT様邸は、スタイリッシュな外観が魅力。そんなT様邸の大きな特徴は、自由な空間設計が魅力の「中2階」です。

 

<T様邸の中2階のこだわり>

 

201904_6-3.jpg

 

201904_6-4.jpg

 

空間の中に中2階スペースを設け、内階段で中下階をつないでいます。

中2階スペースにはカウンターテーブルを設け、多目的に利用できます。

 

中2階下のスペースは、お子様の遊び場スペースや、収納スペースとして活用できます。

 

中2階下のスペースは、たれ壁がアーチ状になっていて、可愛らしさが魅力です。

 

さらに、その他の間取りにも様々な工夫があるんですよ。

 

<T様邸の間取りのこだわり>

 

玄関からサニタリールーム、キッチン、リビング周りに、回遊性のある間取りを採用。家事動線がスムーズになります。

 

201904_6-5.jpg

 

201904_6-6.jpg

 

子ども部屋は、お子様の成長に合わせて部屋を分けることができるよう、ドアや窓を2つずつ設けています。

 

3帖の子ども部屋裏収納には、季節用品なども収納できます。

 

201904_6-7.jpg

 

201904_6-8.jpg

 

季節用品をたっぷり収納できるスペースも。カウンターテーブルを造作して、ちょっとした作業にも使えます。

 

201904_6-9.jpg

 

201904_6-10.jpg

 

↑上記写真追加

 

いかがでしたか?

空間を有効に活用できる中2階や、生活面での機能性を高める間取りの工夫、お分かりいただけましたでしょうか。

自由な発想で家づくりができるのは、HAKUAIの注文住宅ならでは。他にもHAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

玄関のシューズクロークの活用法

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

 

201904_5-1.JPG

 

スッキリ片付いた家をキープするなら、家づくりの段階から収納について考えておくのがおすすめです。なかでも、私たちのお客様がよく言われるのが、「玄関にシューズクロークをつくってよかった!」というお言葉。今回は、シューズクロークの有効活用術についてご紹介します。

 

<玄関のシューズクロークに何を入れる?>

 

基本はやはり靴です。フルシーズンの靴をひと目で分かるように並べておくと、季節毎に靴を入れ替える手間がなくなり、所持品の把握にもなりますよ。

 

201904_5-2.JPG

 

傘、雨具

玄関のたたきに傘立を置いていると、玄関スペースが狭くなるほか、本数が多くなるほどに雑多なイメージになります。シューズクロークがあればスッキリ片付きますよ。

 

201904_5-3.jpg

 

ベビーカー、子ども用自転車

スペースのあるシューズクロークであれば、ベビーカーや子ども用自転車も収納できます。

 

201904_5-4.JPG

 

上着・帽子

ちょっと外に出る時に、さっと羽織れる上着や帽子は重宝しますよね。玄関をあけて肌寒いと思ったら、その場で上着を羽織ることもできます。

 

201904_5-5.JPG

 

◆趣味の道具

釣りやキャンプなど、アウトドアの趣味をお持ちであれば、シューズクロークに道具を収納するのも便利です。意外と場所を取る趣味の道具もスッキリ片付き、出し入れも簡単です。

 

201904_5-6.jpg

 

201904_5-7.jpg

 

いかがでしたか?

ご家族のライフスタイルに合ったシューズクロークを活用すれば、暮らしがもっと便利になります。HAKUAIでは様々なタイプのシューズクロークに対応していますので、お気軽にご相談くださいね。

室内に光を取り込む間取りの工夫

 

 

こんにちは!福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は、室内に光を取り込む家づくりのアイデアをご紹介します。周囲に高い建物があるなど、立地的に日当たりを確保するのが難しいという場合、家の中が暗いだけでなく、湿気が増えるなど環境的にもよくないですよね。HAKUAIではこうした日当たりの問題をクリアにするため、様々な家づくりの工夫を行っています。

 

◆吹き抜けの高い位置に窓を設置

リビングを吹き抜けにして、窓の高い位置から自然光が差し込むよう設計しています。窓の位置が高いと、周囲からの視線も気になりません。

 

201904_4-1.JPG

 

201904_4-2.JPG

 

◆平屋なら勾配天井を利用する

リビングスペースの天井は、屋根なりの形を活かした勾配天井なので、広々した印象を与えます。勾配を活かした高い位置に窓を設け、太陽の光が部屋全体に明るく降り注ぎます。

 

201904_4-3.jpg

 

201904_4-4.jpg

 

◆リビング上部の窓を縦長に

 

吹き抜けの高い位置に窓を配し、さらにその窓を縦長にすることで、採光や通風も得られる設計にしています。

 

201904_4-5.JPG

 

いかがでしたか?

特に暗くなりがちな家の真ん中に、光が入るよう設計すると、家全体が明るくなります。

周辺の環境を考慮しながら、光を取り込むご提案をさせていただきますね。

花粉・黄砂を対策する家づくり

 

 

こんにちは!福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

春は花粉や黄砂が気になる季節ですよね。そこでHAKUAIでは、室内をクリーンな空気に保つためのアイデアをご提案しています。

 

◆光冷暖の導入

201904_3-1.png

 

<光冷暖とは?>

光冷暖とは、従来型の送風による冷暖房ではなく、遠赤外線を利用して快適な室内温度をキープするパネル型の冷暖房システムです。送風のストレスがなく、快適な室内温度を保ちます。

 

<光冷暖はなぜ空気にいいの?>

光冷暖の特性上、従来の冷暖房のように送風がないので、室内に入り込んだ花粉や黄砂、ホコリ、ウィルスなどが空間に舞い上がる心配がありません。

このため、アレルギーや空気感染のリスクを低減することができるといわれているのです。

 

◆高気密な家づくり

外から入ってくる花粉や黄砂などを完全にシャットアウトするのは難しいですが、できるだけ家に入れない工夫はできます。HAKUAIの家づくりでは、隙間の少ない高気密施工が標準となっているので、外からの空気の流入が防ぎやすく、計画的な換気がしやすくなります。

 

◆室内干しができるランドリールーム

花粉や黄砂が多い日は、洗濯の外干しが気になりますよね。そんな場合は、室内干しができるスペースを確保したランドリールームをつくっておくと安心です。梅雨時期にも活躍しますよ。

 

いかがでしたか?

空気清浄器を利用するその前に、家づくりの段階で工夫をすれば、花粉や黄砂のリスクをもっと抑えることができます。

参考にされてみてくださいね。

LINEで意思疎通が楽々!お客様とのコミュニケーション方法

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は、お客様から「すごく助かる!」と褒めていただく、HAKUAI流コミュニケーション方法についてご紹介します。

家づくりの過程において少しでも疑問や不安が浮かんできたら、すぐにご相談いただき、気になる部分を解決できるよう心掛けています。

 

<LINEによるコミュニケーション>

 

「打ち合わせはしたけど、後から気になることが出てきた」ということはよくあります。そんな時は、「LINE」を使ってお気軽にご連絡いただけるんですよ。

 

201904_2-1.JPG

  

◆LINEによるコミュニケーションのメリットは?

時間を気にせず、伝えたいこと、聞きたいことをすぐに送ることができる。

参考にしたい写真や間取り図なども送ることができる。

過去のやり取りが見えるので、メモ代わりになる。

HAKUAIの営業担当だけでなく、設計や広報の担当者も見られるので、やり取りがスピーディ。

 

なおLINEをしてないというお客様には、一番スムーズに連絡が取れる方法をご提案していますので、ご安心ください。

 

<家づくりの過程がホームページでも見られる>

 

HAKUAIのホームページでは、お客様の家づくりの過程をレポートしています。お忙しかったり、ご自宅が遠方でなかなか現場に行けないけど気になる、という方に好評です。

そこで気になることがあれば、すぐにご連絡いただけるのもメリットですね。

 

施工状況ブログ

http://e-hakuai.com/houseblog/

 

いかがでしたか?

理想の家をつくるためには、お客様との密なコミュニケーションが不可欠です。気になることは些細なことでもお話くださいね。

 

第2のリビングに!用途が広がるウッドデッキのある家

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は「ウッドデッキ」の魅力についてご紹介します。

 

お日様の光を浴びながら、お茶をしたり、バーベキューをしたりと、いろんな楽しみ方ができるウッドデッキ。HAKUAIは、ウッドデッキのある家を多く手掛けていますので、事例とともにその魅力をご紹介しますね!

 

<ウッドデッキの魅力>

 

◆もう一つのリビングとして活用できる 

室内のリビングの他に、セカンドリビングとしてウッドデッキを使えるのが魅力です。お天気の良い日は、ウッドデッキでティータイムを楽しんだり、オードブルをつまみながら天体観測をするなど、アウトドアリビングならではの楽しみ方があります。

 

◆リビングからウッドデッキへつなげることで、空間の広がりができる

建物のスペースが限られていても、リビングからつながるようにウッドデッキを設けることで、室内空間が広く感じられ、開放感が高まります。

 

<M様邸の事例>

201904_1-1.jpeg

 

201904_1-2.jpeg

 

「とにかくゲストの皆さんに楽しんでいただきたい!」というM様は、パーソナル空間のスペースを抑えた分、リビングをできるだけ広くしています。ウッドデッキはリビングからつながるよう設置しているので、さらに皆さんが集うスペースの広さが増しているのがポイントです。

 

<H様邸の事例>

201904_1-3.jpeg

 

リビングに広がりを持たせるために、リビングからつなげてウッドデッキをつくりました。H様ご家族は、5畳近いスペースでお茶をしたり、バーベキューも楽しまれているそうです。

 

いかがでしたか?

HAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

 

【施工事例】~子育て世代に嬉しいラクラク生活動線~<T様邸②>

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。

今回は前回(http://e-hakuai.com/officialblog/2019/03/t.html)に引き続き、T様邸の事例をご紹介!子育て真っ最中のT様邸は、育児に優しい家づくりのヒントが詰まっています。その中でも今回は、「生活動線」についてクローズアップします。

 

<子育てに嬉しいラクラク生活動線のこだわり>

 

T様邸の大きな魅力は、生活動線がスムーズなこと。無駄な動きがなくなることで家事の効率がアップし、育児にもゆとりが生まれます

特に、玄関横のシューズインクローゼット、洗面所、その向かいにあるクローク、そこからのランドリールーム、そしてキッチンに繋がる動線に注目!

お子様が外から帰ってきた時にも、玄関からの動線を1つに集約できます。

 

まずは、玄関のSICでスッキリ収納

201903_8-1.jpg

 

玄関に広いシューズインクローゼットを確保。家族全員のシューズの他にも、ベビーカーも収納できるくらいのスペースがあり、羽織っていた上着をかけられるハンガーもあります。

 

玄関から洗面所、そしてクロークへ

201903_8-2.jpg

 

玄関から洗面所にスムーズに移動できる動線。洗面所はお客様も共用でお使いいただける仕様です。洗面所の向いにもクロークを設置しているので、持ち物の収納がさらに進みます。

 

ランドリースペースで着替えも完璧!

201903_8-3.jpg

 

洗面台からの隣はランドリールーム。お客様も使用できる洗面台からはランドリースペースが見えないよう、扉で区切ることができる間取りです。

雑多になりやすいランドリースペースも、収納棚を設置することでスッキリ片付けられます。

 

スッキリ身支度をしてキッチンへ

201903_8-4.jpg

 

外出から帰って身支度を整えてキッチンへ入れるので、家事の効率も格段にアップ!キッチンはカウンターを2ヵ所設けることで、作業台として使ったり、ストックなどを収納するスペースにも使えます。

 

お子様がいてもスッキリ美しく片付いている住まいって憧れますね。そのためにも家づくりの段階から動線の工夫をしていきましょう!

 

HAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

 

【施工事例】~子育て世代に嬉しい家~<T様邸①>

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。今回は、私たちが手掛けた家づくりの事例をご紹介します。子育て真っ最中のT様邸は、お子様がいらっしゃるご家庭の家づくりのヒントが沢山詰まっています!

 

<子育てに最適な家づくりのポイント>

 

LDKにある畳フロア 

201903_7-1.jpg

 

小さいお子様が遊んだり、お昼寝したりするのにピッタリな畳フロアを、LDKに配置しました。キッチンからも目が届くので安心ですね。

 

LDKから繋がるウッドデッキ 

201903_7-2.jpg

 

お子様が外で遊びたい時に便利なウッドデッキスペースを設けました。リビングからお子様の様子が見えるのもいいですね。家族で日向ぼっこも楽しめます。

 

家族と一緒にいられる中2階 

201903_7-3.jpg

 

中2階を設け、机と椅子を配しました。リビングにいる家族を感じながら、仕事や勉強などちょっとした作業ができます。

 

将来2つに分けられる子ども部屋 

201903_7-4.jpeg

 

2階の子ども部屋は、将来のことを考えて2つに分けられるように設計。間切り壁を入れて使用できるよう、窓やドアを2つ配しています。

 

いかがでしたか?

 

小さなお子様に目が届く間取りや、お子様の成長過程に合わせてフレキシブルに使える部屋を設けることは、子育て世代にはおすすめです。T様邸の家づくりも、是非参考にしてみてくださいね!

 

HAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

【間取り事例】~限られたスペースで「開放感」を出す方法

 

 

こんにちは!

福岡の注文住宅会社-HAKUAI-です。今回は、開放感を出す家づくりのポイントについてご紹介します。

 

限られた土地面積の中で、開放感を出すのは難しいと思っていませんか?HAKUAIには、広さを可能にするノウハウが沢山あります。

 

 

◆吹き抜けのLDK 

201903_6-1.jpg

 

当社の事例の中でも多いのが吹き抜けのLDKです。フロア面積が狭くても、高さで開放感を出すことができます。吹き抜けだと、2階にいても1階の家族とコミュニケーションが取れるのもいいですね。

 

 

◆できるだけフロアの仕切りをなくす 

201903_6-2.jpg

 

201903_6-3.jpg

 

開放感を出したいフロアは、できるだけ壁や柱を使わない設計をします。どうしても必要な場合は、視界を完全に遮る壁ではなく、格子タイプの壁を使って、壁の向こう側の景色が見えるようにすることで、閉塞感が抑えられますよ。

 

 

◆LDKからウッドデッキへつなげる 

201903_6-4.jpg

 

LDKからウッドデッキへ移動ができる間取りだと、リビングが外まで続いているような広さを感じられます。セカンドリビングとしても活用できますね。

 

いかがですか?

空間の有効活用、視覚的な効果など、いろいろな要素から開放感を実現できますね。HAKUAIではお客様に合わせた最適なプランをご提案しますので、何でもお気軽にご相談ください。

 

HAKUAIのホームページでは、他にも多くの施工事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!

http://e-hakuai.com/jirei/

お客様の声 Hakuai’s Style Customer Voice