家づくりのこだわり「デザイン」

注文住宅 ログハウス リフォーム 内覧会へ行こう 施工状況 土地情報 スタッフブログ スーモ掲載中

未来からの生活価値・家族の絆を育む

博愛では、「すまいの要望書」を使って、ご家族でこれから10年後、20年後の人生を
話し合っていただくことから家づくりがスタートします。

"なっていたい未来の家族像"を具体的にし、目標とすることで、家族間の絆を深く刻む
1つの道筋となるのです。お互いの生活価値をどこに置くか話し合うことで、
家族一人ひとりが心豊かに暮らす家づくりとなります。

時を経てビンテージとなる素材

本物の素材は、使うほど住むほど住み手にとってかけがえのない価値として残る素材のことです。自然素材は、時間と共に味わい深く、愛情を注げば注ぐほど私達に答えてくれます。

博愛は、自然素材の持つ素晴らしさ最大限に活かした家づくりをしています。
無垢の床材、自然素材の塗り壁を施工することにより、心豊かな暮らし、健康を考えた素材を丁寧に使うことをこだわりとしています。

光を取り込む

太陽の光を浴びることで、人に穏やかな感情を与える作用のあるセロトニンという物質の分泌量が増えると言われています。室内に自然な光を多く取り入れ、エコロジーで快適さの中に自然と調和した住まいの在り方を実現します。光がより多く入り込む向きを考え、間取りや窓の配置等をご提案していきます。

開放感のある間取り

開かれた空間は、人を和ませ、人の心理を解き放つ役割があるといわれています。
開放的な空間を設けることで、どこか家族と繋がることができ、離れていても家族の空気を感じることができるのです。
そして、実際の面積よりも広く感じる効果を活かし、狭小地、変形な土地などにおいては特に重要な要素となり哲学のある自由設計がなせる業です。

子ども部屋の捉え方

博愛では、子ども部屋を設けずフリースペースとしての空間づくりを推薦しています。
子どもの成長とともに変化できる家づくりをし、部屋が欲しくなった時に仕切れる間取りです。
子ども部屋は広く取らず、最小限にすることで、部屋にこもることも防ぐことができます。

Material

お客様の声 Hakuai’s Style Customer Voice